Sparkler Audio | 会社概要(日本語)

スパークラー・オーディオがめざすこと

 弊社の製品づくりで日ごろ心がけていることや、弊社のめざす理想のオーディオについてまとめました。

企業理念

    セルゲイ・ラフマニノフ(1873〜1943)~ロシア生まれのピアニスト・作曲家
  • 『音楽は心より生まれ、心に届かなければならない。』セルゲイ・ラフマニノフ
  • 自然から学び、簡素で理に適った科学・技術の応用をめざす。
  • 私たちの願いは、音楽を聴くことによって、お客さまが幸福感を味わってもらうこと。単なる娯楽や趣向を超えた、人間にとって必要不可欠な音楽の普遍的価値を、多くの人に知ってもらう。
  • 音や光をはじめ、さまざまな物理現象を波動(ψはそのシンボル)として捉えなおし、立体的な視野を持つ。
  • 自然との共生――環境に配慮し、無駄に大きいものや大袈裟なものを作らない。
  • 地球環境や人体に有害な化学物質をできるだけ使わない。
  • 大量生産・大量消費の経済から脱却し、未来に良い資産を残す。

モノづくりの指針

自然はつねに一定のデザインルールに従う(黄金比を象徴するオウム貝)
  • 複雑なテクノロジーや回りくどい処理を避け、可能な限りシンプルな製品づくりをめざす。
  • 大量生産とは一線を画し、完全自社開発とハンドメイドで高い品質をめざす。
  • 人為的な電気装置を超え、音響的、音楽的な「響き」を再現するオーディオを追究する。
  • 静かで、自然で力強く、臨場感があり、色付けや誇張のない聴きやすい音質をめざす。
  • 使いやすく、親しみやすいデザインをめざす。
  • お客さまが喜ばれ、末永くご利用いただける製品をめざす。
  • 現状に満足せず、つねに品質向上とおもしろいモノづくりに努める。

私たちの会社について

開発・製造・販売

  • 会社名     スパークラー・オーディオ株式会社(Sparkler Audio Inc.)
  • 会社設立日   2013年2月1日
  • 会社法人等番号 7-0900-0101-2896
  • 住所      〒400-0214 山梨県南アルプス市百々(どうどう)1681番地81
  • 電話番号    055-231-5450
  • 代表取締役   塚原 和俊(つかはら かずとし)(Kazutoshi Tsukahara)
  • 業務内容    音響機器の開発・製造・販売、各種電子機器・キット・部品の販売

会社沿革

  • 2010年~ 株式会社四十七研究所(47 Laboratory)のFMチューナーを設計・開発。各種オーディオアンプ、CDプレーヤーを設計・開発。四十七研究所の"47 Treasure"キット部門として発足。
  • 2011年12月 四十七研究所・山梨事業所として山梨県に移転。
  • 2012年10月 『山梨テクノICTメッセ2012』に出展。
  • 2013年1月 テレビ山梨(UTY)の 新春特別番組『企業の星』で紹介される。
  • 新春特別番組『企業の星』にて(2013年1月1日)
  • 2013年2月 会社法人スパークラー・オーディオ株式会社を設立。
  • 2014年11月 『山梨テクノICTメッセ2014』に出展。
  • 2015年10月 『山梨テクノICTメッセ2015』に出展。
  • 2016年1月 輸出先が10か国を超える(米国・カナダ・イギリス・ドイツ・オーストラリア・ロシア・スイス・オーストリア・香港・中国・台湾)。
  • 2017年4月 本社オフィス・工場・展示試聴室を備え、南アルプス市へ移転。
  • 2017年7月 輸出先が15か国を超える(+ シンガポール・マレーシア・ハンガリー・ウクライナ・フランス)。
  • 2017年4月 海外代理店が3拠点になる(北米地域、香港・アジア地域、ヨーロッパ地域)。
  • 2018年5月 輸出先が20か国を超える(+ インド・イタリア・スロバキア・アラブ首長国連邦)。
  • 2018年11月 Sparkler Audio EUが、ポーランドの首都ワルシャワでHi-Fi Audio Showに出展。
  • 2018年11月 輸出先が25か国を超える(+ ノルウェー・デンマーク・ボスニア・ベルギー・ポーランド)。
  • 2019年5月 山梨県富士川町に戻り、元電気店を改装して本社およびショウルームを設ける。
  • 現在に至る。

代表者プロフィール

代表取締役・塚原和俊

代表者略歴

  • 1958年 ●東京都葛飾区に生まれる。映画『男はつらいよ』の舞台となった柴又界隈や江戸川河川敷でよく遊んだ。
  • 1999年以前 ●東京理科大学理学部物理学科を卒業。 ●池上通信機株式会社に入社し、放送局向け音声・映像卓の開発に従事。 ●ゲートアレイ設計CAD/HDL言語シミュレータなどを開発。 ●Apple Macintosh用各種ソフトウェアを開発。 ●PET/MRI/CTスキャンなどの医用画像処理ソフトウェア開発に従事。
  • 1999年~2010年 ●ソニー株式会社のDVD事業部およびオーディオ事業部で技術開発に従事。 おもにDVD/SA-CDプレーヤーの組込み制御ソフトウェアの開発に携わる。
  • 2010年~2012年 ●東京都江戸川区で個人事業主として発足。 ●放射線医学総合研究所における放射線計測装置、高エネルギー物理学研究所の粒子加速器などに関する組込み制御システム設計およびソフトウェアの開発に携わる。 ●コンサート録音用マイクロフォン、マイクアンプの開発を始める。 ●仕事の関係で興味を持ち、音響機器の自作を楽しむ。 ●株式会社四十七研究所にて製品開発に携わる。
  • 2013年~ ●山梨にスパークラー・オーディオ株式会社を設立する。 ●現在に至る。

その他

  • Atmel AVRのファンで、C++による独自マルチタスクOSを開発。当社製品はすべてAVRマイコンを使用している。
  • 趣味は、やはり音楽です。ギター製作もやったことがあり、いわば器用貧乏ですが、何でも徹底的にやらないと気がすまない性格は、ある意味仕事にも活きています。
  • いわゆるラジオ少年で、秋葉原によく通いました。今でも、エレクトロニクス技術の集大成として受信機の研究には余念がなく、発想の源になっています。
  • 物事をまず哲学的に直観で捉え、理論や実験で裏付けるようにしています。
  • 読書の傾向は、哲学書、科学書、とくに宇宙や人間を題材にしたノンフィクションで、毎日寝る前に1時間は必ず読みます。
  • 山梨に引っ越してからは、田舎暮らしにも慣れ、週末には山間部に住む友人宅で野良仕事をしています。