Sparkler Audio | 会社概要

Sparkler Audio

スパークラー・オーディオ株式会社

私たちの会社について

開発・製造・販売

  • 会社名     スパークラー・オーディオ株式会社(Sparkler Audio Inc.)
  • 会社設立日   2013年2月1日
  • 会社法人等番号 7-0900-0101-2896
  • 住所      〒400-0214 山梨県南アルプス市百々(どうどう)1681番地81
  • 電話番号    055-231-5450
  • 代表取締役   塚原 和俊(つかはら かずとし)(Kazutoshi Tsukahara)
  • 業務内容    音響機器の開発・製造・販売、各種電子機器・キット・部品の販売

会社沿革

  • 2010年~ 株式会社四十七研究所(47 Laboratory)のFMチューナーを設計・開発。各種オーディオアンプ、CDプレーヤーを設計・開発。四十七研究所の"47 Treasure"キット部門として発足。
  • 2011年12月 四十七研究所・山梨事業所として山梨県に移転。
  • 2012年10月 『山梨テクノICTメッセ2012』に出展。
  • 2013年1月 テレビ山梨(UTY)の 新春特別番組『企業の星』で紹介される。
  • 新春特別番組『企業の星』にて(2013年1月1日)
  • 2013年2月 会社法人スパークラー・オーディオ株式会社を設立。
  • 2014年11月 『山梨テクノICTメッセ2014』に出展。
  • 2015年10月 『山梨テクノICTメッセ2015』に出展。
  • 2016年1月 輸出先が10か国を超える(米国・カナダ・イギリス・ドイツ・オーストラリア・ロシア・スイス・オーストリア・香港・中国・台湾)。
  • 2017年4月 本社オフィス・工場・展示試聴室を備え、南アルプス市へ移転。
  • 2017年7月 輸出先が15か国を超える(+ シンガポール・マレーシア・ハンガリー・ウクライナ・フランス)。
  • 現在に至る。
会社紹介パンフレット

交通手段

  • 【自動車】中央自動車道・甲府昭和ICを降り、櫛形山方面へ約5分。
  • 【電車】JR中央線・竜王駅、
  • 【高速バス】新宿→身延行き、白根バス停で下車。
会社所在地から見た富士山(2017年1月2日)

代表者プロフィール

代表取締役・塚原和俊

代表者略歴

  • 1958年 ●東京都葛飾区に生まれる。映画『男はつらいよ』の舞台となった柴又界隈や江戸川河川敷でよく遊んだ。
  • 1999年以前 ●東京理科大学理学部物理学科を卒業。 ●池上通信機株式会社に入社し、放送局向け音声・映像卓の開発に従事。 ●ゲートアレイ設計CAD/HDL言語シミュレータなどを開発。 ●Apple Macintosh用各種ソフトウェアを開発。 ●PET/MRI/CTスキャンなどの医用画像処理ソフトウェア開発に従事。
  • 1999年~2010年 ●ソニー株式会社のDVD事業部およびオーディオ事業部で技術開発に従事。 おもにDVD/SA-CDプレーヤーの組込み制御ソフトウェアの開発に携わる。
  • 2010年~2012年 ●東京都江戸川区で個人事業主として発足。 ●放射線医学総合研究所における放射線計測装置、高エネルギー物理学研究所の粒子加速器などに関する組込み制御システム設計およびソフトウェアの開発に携わる。 ●コンサート録音用マイクロフォン、マイクアンプの開発を始める。 ●仕事の関係で興味を持ち、音響機器の自作を楽しむ。 ●株式会社四十七研究所にて製品開発に携わる。
  • 2013年~ ●山梨にスパークラー・オーディオ株式会社を設立する。 ●現在に至る。

その他

  • Atmel AVRのファンで、C++による独自マルチタスクOSを開発。当社製品はすべてAVRマイコンを使用している。
  • 趣味は、やはり音楽です。ギター製作もやったことがあり、いわば器用貧乏ですが、何でも徹底的にやらないと気がすまない性格は、ある意味仕事にも活きています。
  • 物事をまず哲学的に直観で捉え、理論や実験で裏付けるようにしています。
  • 読書の傾向は、哲学書、科学書、とくに宇宙や人間を題材にしたノンフィクションで、毎日寝る前に1時間は必ず読みます。
  • 山梨に引っ越してからは、田舎暮らしにも慣れ、週末には山間部に住む友人宅で野良仕事をしています。