Sparkler Audio | 製品情報 | model S304 "nostalgia"

Sparkler Audio

スパークラー・オーディオ株式会社

model S304 "nostalgia"――ステレオFM/AMチューナー

 昼間の喧騒が過ぎ去り、夕暮れ時になると、周囲はやがて静かな暗闇に包まれはじめます。そんなとき、遥か遠くの空で発せられた電波に乗って届く、ラジオからの声がなぜか無性に聴きたくなります。ラジオのスイッチを入れ、ダイアルを回す、そんな当たり前の作法が心をよりいっそう駆り立て、お気に入りの局を探します。ダイアルの向こうからやってくる音楽を聴く、声の便りに耳を傾ける、そうした昔懐かしい気持ちにさせるステレオチューナーをつくりました。

特徴

名前はノスタルジア — 昔懐かしいチューナーは簡単な方がいい。

 操作はいたって簡単で、FM/AMの切換えスイッチとチューニングダイアル、受信状態とステレオ信号中を示すインジケーターだけ。ディジタルが氾濫する世の中で、こんなアナログチューナーが欲しかった、という方のために、お奨めの逸品です。

最新のDSPを搭載 — 了解、感度・選択度・明瞭度ともバツグンです。

 受信部は最新のディジタル信号処理プロセッサー(DSP: digital signal processor)を搭載し、目盛りの経年変化が皆無です。音質は非常にクリアで、しかも内部ノイズがほどんどなく、感度は抜群です。ディスクリート(トランジスタ)構成によるアンプ内蔵により、暖かく滑らかな、アナログ的で聴き疲れのしない、しかも芯のある音質に仕上げました。

AM放送も高感度 — 遠方の微弱な中波放送もクリアに受信します。

 AM(中波)は付属の大型フェライトバーアンテナで高感度に受信できます。これほどクリアなAM放送は、今まで聴いたことがありません。

ワイドFM対応 — FMバンドを76〜108MHzに拡張しました。

 総務省によるAM放送の難聴(都市型難聴や地理的・地形的難聴、外国波混信)対策に伴い、空いたアナログ地上波テレビジョン帯を利用した「FM補完放送」が開始されました。そのため国内向けモデルは、FMバンドを現行の76〜90MHzから76〜108MHz(ワイドFM)に拡張しました。嬉しいことに、各地AM放送の内容を高音質の「ステレオ」で受信できるようになります。首都圏の場合、東京スカイツリーから放送されるため、窓際に置いた小型アンテナでも良好な受信が期待できます。

仕様

  • 電源電圧:   AC100V(電灯線・日本国内仕様の場合)
  • 消費電力:   5W未満
  • FM アンテナ:  F 型同軸接栓(75Ω同軸ケーブル対応)
  • FM 受信周波数: 76~108MHz(100kHzステップ、日本国内仕様)、AFC(周波数自動補正)搭載
  • FM 受信性能:  2.2μV EMF (@S/N = 26dB) ステレオ受信時S/N 50dB 以上、ディエンファシス50μs
  • AM アンテナ:  付属のフェライトバーアンテナまたはオプションのループアンテナ(180~450μH)
  • AM 受信周波数: 522~1620kHz(9kHzステップ、日本国内仕様)、AFC(周波数自動補正)搭載
  • AM 受信性能:  30μV EMF (@S/N = 26dB) AM ステレオには対応していません。
  • インジケータ:  放送波に同調時(緑)、FM ステレオ受信時(赤)
  • ライン出力:   RCA ピンジャック(不平衡)× 1 系統、1.0VRMS (@16Ω負荷時)
  • 外形寸法:    W140 × H86 × D140mm(突起部除く)
  • 本体重量:    1.3kg(電源ケーブル除く)
  • 付属品:     AM 用バーアンテナ、電源ケーブル(3P AC インレット)、予備ヒューズ、取扱説明書

希望小売価格(税別・送料別)

本体一式(1年間保証付き) 70,000円